タイムレコーダーは複雑な勤務体制にも対応可能

タイムレコーダーがあれば、どのような複雑な勤務体制であっても、経営者が容易に把握できるのです。タイムレコーダーと言っても、タイムカードに時間を記録させるだけではなく、勤怠管理システムと言って、タイムカードで記録されるデータそのものをデータとしてパソコンに蓄積させられるソフトがあるのです。勤怠管理システムならば、経営者は計算ミスの心配もなく、社員の出勤状況を把握する事が容易になるというわけです。社員一人一人を個別に管理していなくても、タイムカードに記録されているデータをパソコンで管理できていれば、人件費におけるコスト削減の効果が期待できます。なんといっても、必要以上の残業行為は、人件費を大幅に増加させてしま可能性を秘めているので、必要の無い残業行為は予防する事が大切です。忘れてはならないのは、残業行為というのは、必ずしも仕事熱心だからこその態度とは限らないということです。アルバイトなどの副業で稼ぐ、という感覚で残業してしまう人も、いないわけではないからです。時給として計算してみると、禁止されている社外アルバイトをするよりも、効率的であり、しかも高額である、ということもあり得るわけです。その一方で、上司の許可の下で適切に行われる残業もあるわけですから、残業行為をすべて一括して人件費コストとして取り扱うのは難点があるわけです。

そこで勤怠管理システムが役立つというわけです。勤怠管理システムを利用することで、年月日データ管理も容易となるので、上司が許可した適切な残業時間というデータも管理できてしまうわけです。タイムカードに記録されている出勤時刻と退勤時刻は、ただの数字の記録と言えます。

しかし、そこに、上司が許可した残業の年月日データを重ね合わせる事により、適切な残業かどうかが判別できるようになります。あまりにも不適切な残業行為が露呈すれば、本人の残業行為の責任だけではなく、直属の上司の管理責任にもなってきます。責任があるのだから処罰する、というのではなく、むしろ、本人たちから事情を聞く前に、かなりの精度で正確に残業行為の本質を推測する事が可能になる、という利点なわけです。しかもタイムレコーダーとパソコンとをワイヤレス通信で接続しておけば、社員に気づかれないように静かに勤怠管理をすることが可能です。ごまかしの効かない状況を作り出すことは、意外と容易ではありませんが、タイムレコーダーとパソコンとを通信で繋ぐ事で、勤怠管理は容易になり、不適切な残業を発見する事が可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*